7 strings

BouquetGarni ギターakiraの日常 映画、artレビュー たまにDTM奮闘記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エコール・ド・パリ展-パリにきらめく画家たち 松岡美術館

松岡 3

エコール・ド・パリ展-パリにきらめく画家たちの招待券を知り合いから譲り受けたので行ってきた。

自宅から自転車で30分くらいの所、早速入館しようとしたら、入り口で老人グループに「目黒駅はどっちですか?」と聞かれた。分かんないや~と思った次の瞬間!iPhoneのGPSで調べればいいじゃん!ってことでMAPアプリ使って図で説明してあげた。「あれはなんだ?」と不思議にそうにしてたのが面白かった。ここに来るまでもMAPで位置確認しながらきたんです。iPhone便利だよ本当に。もう道に迷わない。

この美術館、なんとカメラOK!!フラッシュと操作音をOFFにするのとなぜか携帯電話のカメラはNGと注意書きあったけど太っ腹。ということでいろんな所をパシャパシャ撮ってきた。
でもあんまりWebで勝手に公開すると良くないと思うので一部だけ紹介。

松岡 1
青磁羊形水滴 

丸っこい部分がかわいい。4世紀の物。

松岡 2
「二人の子供と鳥籠」 藤田 嗣治 1918年

この人の独特な色彩感覚好き。

 他シャガールも数点展示されていて満足。ただ残念だったのは絵画の半分はガラスで保護されていて蛍光灯や自分自身が映りこんでしまっていたこと、まあ保護のためだからしょうがないかぁ。






スポンサーサイト

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント


美術館で写真撮れるっていいですね☆
AKIRAさんは絵とか美術が好き&造詣があるんですね!
東京は色々なモノが見られてうらやましいです。
【2009/09/16 07:40】 URL | こんぱくと☆うし #- [編集]


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://nanagen.blog85.fc2.com/tb.php/17-c611c5f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Powered By FC2ブログ
Template By oresamachan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。