7 strings

BouquetGarni ギターakiraの日常 映画、artレビュー たまにDTM奮闘記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「東京アートアンティーク  日本橋・京橋骨董まつり」

20100430-12


東京アートアンティーク  日本橋・京橋骨董まつり」は東京都中央区の京橋・日本橋エリアで開催されるアートフェア。若い人とかにも来てもらいたいと、以前までは日本橋・京橋骨董まつりの名称だったものが、今回から東京アートアンティークと横文字なんぞをつけてみたりしたようです。
アンティークってつくから古いものばかりなのかと思ったらそうではなく現代美術もある。

20100430-06

京橋は初めてだったので、案の定、道が全く分からない。いきなり迷子状態に。
iPhoneに公式HPからgetしたPDFの地図を見ながらウロウロしていたらギャラリー発見!!
しかし、地図には載っていない名前。でもまあ折角だから入ってついでに道を聞く事にした。

イベントとは無関係の場所だけど絵が良かったので紹介。

20100430-01

20100430-02

20100430-03

田中さえ 個展 (2010.4.26 mon ~5.1 sat)
夢を見ました。

GALLERY b.TOKYO

どれも大きい絵。日差しを表現している色がとても色鮮やかだったのが印象に残っている。

一通り絵画鑑賞した後に、作者さんに「この辺りの地理わかりますか?」と絵とは全然関係ない質問をしてしまったけど快く答えてくれた。良い人。
道は知っていたが、東京アートアンティークとイベントやってる事は知らなかった...。


やっと現在地が分かり、地図を頼りに探索!
そしてやっと一件目発見!
入り口にガイドと思われる小冊子もあったので一安心。(最初の写真に映ってる物)

一件目は骨董品を扱っているギャラリー西川美術店
入ってすぐのところに唐時代の小さいカップがあり、値段がたしか50万くらい「どうぞ手に取ってみて下さい」とすすめられたので恐る恐る持ってみたが、頭の中は壊したらまずいという思いで一杯。まともに鑑賞できなかった。


この後約十数件見て回った。印象に残ったギャラリーを紹介~。

林田画廊 
加藤恵 日本画展


日本画、風景。

金井画廊
日本人画家の油彩作品。好きな絵が数枚あった。また行きたい。

ギャルリー東京ユマニテ
「ユマニテコレクション」として若手作家の作品を展示。
富田菜摘、時松はるな、大和武司、北村奈津子、流麻二果、向山裕ほか。


写真かと思うほど精密に陶器が描かれた絵がとても良かった。
今回見た中で一番広いギャラリー。入り口がかなり分かりづらいのが難点。
こんな階段を使い、B1まで降りて行く。2枚目の写真は同じビルB2にあるもう一つのギャラリー。
20100430-05

20100430-04


此処らで日も暮れてきて帰ろうかなーと思ったけど、もう少し日本橋よりにも行ってみようと探索開始。

20100430-07

良い感じの夕焼け。この時間になると東京アートアンティーク不参加のギャラリーは閉まってきた。

最後に訪れたもが此処。

春 風 洞 画 廊

小滝 雅道 展 -シリーズ「Neither a point nor a line」

入ると何やら数人でテーブルを囲んで話をしていた。おかまいなしに絵画鑑賞しようかと思った矢先、「参加しませんか?」と。日本画のワークショップに誘われた。用意されていたかのように席が一つ空いていたのと、特にこの後予定もなかったので参加しました。(写真右奥が先生)

20100430-08


岩絵具を体験するのが主な目的。
粉末状の顔料(絵具)であり固着力が無いために膠(ニカワ)と指で混ぜ合わせて使用する。
乾いたあとはザラザラした質感。

色紙に、好きなように描いて下さい~となんの心の準備無しにきた私にはハードルが高い要求だったが、小学校の美術の授業の時の様な感覚で思うがまま筆を滑らした。
その結果がこれ。

20100430-10

20100430-11

20100430-09

最初魚の鱗のような模様が出来たから魚を描こうと思ったのに、上手くいかず結局出来損ないの抽象画になってしまった...。
でもとても楽しい時間でした。
ワークショップ終了後、小滝 雅道先生と一緒に軽食までいただき、なんか本当にこれが無料で良いのだろうかってくらいのもてなしを受けました。とても良いギャラリーでした。



東京アートアンティーク全体の感想。

一応小さいが旗の用な物がギャラリーの入り口にはあるが、とても入りやすいとは言いがたい雰囲気は変わらず。入った後も、身内との話に花を咲かせているのでゆっくり鑑賞は難しいところが半数以上と、考える余地がある部分が多い。
折角良い作品が多いのにもったいないなぁと言うのが正直な感想。意見を聞いてきた画廊さんもあったのでこれからに期待です。



「東京アートアンティーク  日本橋・京橋骨董まつり」 開催期間
4/30~5/2











スポンサーサイト

この記事に対するコメント

amazing!!
いいじゃん!!なかなかいいじゃないの~!!
【2010/05/01 22:34】 URL | aki #puL4oGNI [編集]


日本橋とか京橋って書かれてるので、大阪に来られたのかと思いました(^-^;)

AKIRAさんの絵、秋~初冬の山かと思いましたが全然違いました(^-^;)
でも温かい感じとかポジティブな感じがいいなと思います♪
【2010/05/02 01:25】 URL | こんぱくと☆うし #- [編集]


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://nanagen.blog85.fc2.com/tb.php/37-19b7c210
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Powered By FC2ブログ
Template By oresamachan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。