7 strings

BouquetGarni ギターakiraの日常 映画、artレビュー たまにDTM奮闘記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GO SOUTH 合同展 vol.3 BONE-Identity (骨的自己同一性)

20100702-02

GO SOUTH 合同展 vol.3に行ってきた。
場所は渋谷LOFTの隣のビルの中、GALLERY FAKEこんな所にギャラリーがあるなんて知らなかった。

GO SOUTHは複数のクリエイターが集まったアート集団的なものらしい。GO SOUTHは知らなかったのだけども今回は、少し前に紹介した丸岡和吾さんがゲストクリエイターとして参加していたので行く事に。

今回丸岡さんの作品は髑髏のぐいのみ。逆さにするとこれでお酒が飲める素晴らしい代物!これがあれば映画の1シーン中に居るかのような気分を満喫できます。

他の展示の様子

20100702-01

20100702-03

20100702-04

20100702-05

髑髏のぐいのみはWut Berlinという表参道にあるお店で販売するようです。

展示会の詳細


GO SOUTH
合同展 vol.3
BONE-Identity (骨的自己同一性)
<参加作家>
sabotage
route.714
amsoots
丸岡和吾(ゲストクリエーター)


   Schedule:2010
       7.2(Fri) 14:00-21:00 (FOR BUYER)
       7.3(Sat) 13:00-21:00
       7.4(Sun) 13:00-20:00
開催地:GALLERY FAKE (渋谷)
〒150-0042
渋谷区宇田川町18-4 3F
TEL03-5456-9893

宮本豊蔵展

5月28日に宮本豊蔵展に行ってきた。
知っていた作家さんではなかったのだけども、以前訪れた金井画廊からDMが届き、好みの絵が載っていたので行ってみることに。

届いたDMはこれ。

20100607-04

それぞれのUP

20100607-02

「焼かれた魚」6号

20100607-01

「サクレクールへ(モンマルトル)」15号

この油彩で塗り固めた感がたまらない!素晴らしいマチエール!
実際、原画をみたら期待通りの絵でいつまでも眺めていたい思いでした。
たしか、ほとんどの絵がパリ等フランスの風景画なのだけど、この作家さんの絵を見てると行ってみたくなる。
力強い絵。もう少しお金持ちであれば、是非一枚欲しいと思った。

幸運にも作家の宮本さんが在廊していて、こんな若造(宮本さんから見ればですが)と話をしてくれました。
話は絵の話ではなく、宮本さんギターを弾くということで音楽談義に。
Van Halenが好きらしく、コピーして自宅でガンガン弾いてるらしい。音も結構出せる環境みたいで羨ましい~。
とこんな話を30分くらいお茶をしながら過ごし、とても楽しかった。

最近は年に一回金井画廊で個展を開いているようで、以前開催したときに作った画集みたいなものもいただき、行って良かったと本当に思った。

画集に載っていた絵の一部がこれ

20100607-03

「ロアールへの道で」12号F

あ~フランスへいつか行ってみたい。





デザイン・フェスタvol.31

Twitter始めてからつぶやいたら満足しちゃってBlog更新滞ってる。
いろんなイベント行ってたので、少しずつまとめて書いていきます。

まず、デザインフェスタVol.31 !二日間行ってました。

20100515-02

入り口に長蛇の列!なにかと思ったら当日チケット購入の列だった。前回は少し列が出来てる程度だったが、今回はかなり長い列。それだけ沢山人が来てるのか、チケット無いと入れないことを知らない人が増えたのかは解らず。

今回は行ってから大分日が経ってるので細かい事は書かず撮った写真をズラッと並べます。

20100515-03

ライブペイント、この人前回も同じ所で似たような物描いてたような...。

20100515-04

よくわからないオブジェ。

20100515-05

段ボールの城?暗いブースでライトアップされていた。

20100515-06

なんとなく質感が好き。

20100515-07

上の絵のブースの落書き、これでもかってくらいの笑顔!

20100515-11

こういうへんなキャラに弱いんです。

20100515-10

なんか変な感じ。

20100515-09

一休み。


20100515-15

撤収後に壁にあった落書き。

20100515-14

東京湾。

そして最後に

20100515-12

この絵、版画なのだけど、思わず見とれて購入。なんと言うか余白にやられた~。
Project Blanc やまもと ようこさんの作品。

他、ポストカード買ったりした物もあるのだけども、写真が沢山になりすぎるので機会があったら載せます。

今回のデザインフェスタ、全体的に薄味な感じ。いつもこの人いるな~って出展者が結構増えてきた。商売として確立してきてるのだろうけど、毎回見に来てる方からすると新鮮味に欠ける、業者みたいな感じも出てきてるので...。悪い訳ではないがツマラナイ。

そうそう知り合いのブースで店番なども体験し、出展者気分を味わった。来てくれた人に声をかけるって難しい~。

今回目標だった似顔絵、やってる所が少なく、何処も順番待ちだったので断念。次回に持ち越し。





北爪 潤 「花弁」

20100511-2

最近、仕事が休みの日の降水確率がほぼ100%!代々木公園で青空の下ギターをつま弾く計画が全然遂行できない。
ということで、そのかわりに原宿界隈のギャラリー巡りに行ってきました。

今回良かったのは、hpgrp GALLERY東京 北爪潤の新作展「花弁」

液体を巧みに使って作品を作っている作家さん。今回の作品は和紙を重ねてあり日本画の雰囲気もありました。
全体がほぼ黒く塗られていて、奇麗なグラデーションだな~と思っていたら、ギャラリーのスタッフさんが「照明消すと違った感じになりますよ」と照明を消してくれて、見てみるとあら、グラデーションが消えた!照明でここまで変わるんだなぁと新しい発見があったりで楽しく鑑賞できた。会期中にもう一度見に行こうかな。

20100511-1


今週末はいよいよデザインフェスタ!楽しみ!
晴れてくれ~。
テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

ボストン美術館展 西洋絵画の巨匠たち

ボストン美術館展、行ってきました。

久々に家族と会い、美術館にでも行くかってことになったので、一緒に六本木ヒルズに行ったのだけどまず、チケット買うのに列が出来ていてその後エレベーター乗るための列が出来ていて...と人だらけ!! 
チケット買ってから入館するのに20分くらいは余裕でかかっていた。
もちろん中に入ってからも大渋滞で絵なんかまともに鑑賞できる状態ではなかった。おしるべしGW!
ちなにみ建物から出るのもエレベーター渋滞していて15分くらいはかかった。疲れた~。

展示されてる作品は巨匠の作品揃いだけあって、あの人ごみの中でも存在感が十分にあった。
レンブラント、ルノワール、モネあたりの良さを再認識できたことが収穫だった。

ここ最近で2回もきたので、六本木ヒルズ年間パスポート購入しておけば良かったと思ったら、「森アーツセンターギャラリーへの入場に際しては、別途追加料金が必要になります。」だって!
持ってたとしても今回は入場料必要になってた。危ない危ない購入するところだった。


ボストン美術館展 西洋絵画の巨匠たち


2010年4月17日(土)~6月20日(日)
森アーツセンターギャラリー


Powered By FC2ブログ
Template By oresamachan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。